Cheeeseから楽天ウォレットにビットコインを送金してみた

シー蔵
1月4日から約50日間、チーズの粉を集め続けました。

2/17(月)にマネックス証券のお年玉企画で100円相当のビットコインギフトコードが届いていたので、「Cheeese」というニュースアプリで受け取り、そのまま楽天ウォレットに送金してみました。

送料、着金までの時間はどれぐらいだったかをお伝えします。

Cheeeseアプリでのギフトコードの受け取り方

お年玉企画の結果は、条件クリアした全員がもらえる"100円相当のBTC"のみでした。有効期限は20/3/31までなので、早めに受け取りましょう。

シー蔵
5,000円が欲しかったですが、残念です。

Cheeeseの方はインストールしてから約50日間、1日も休まずにひたすらチーズの粉を集め続けました。

結果として、「0.000096 BTC」が集まっています。

プレゼントの受け取り方ですが、Cheeeseの「アカウント」で①「受け取り」をタップします。

②「QRコードをスキャンしてBTCを受け取る」をタップします。

③「ギフトコードを入力して受け取る」の入力欄にメールに届いたギフトコードを入力します。

最後に、④「受け取る」をタップして完了です。

プレゼントの方は、「0.00008895 BTC」です。

Cheeeseアプリから楽天ウォレットへの送金方法

楽天ウォレットへの送金方法ですが、Cheeeseの「アカウント」で、⑤「送金」をタップします。

⑥「送金先BTCアドレス」の入力欄に楽天ウォレットのビットコインアドレスを入力し、

⑦「BTCを送金する」をタップして、⑧「はい」をタップすると完了です。

ちなみに20/1/28に、Cheeeseアプリからの出金手数料の大幅な引き下げがあり、0.0001 BTCから0.000005 BTCになっています。ただし、送金するのには0.0001 BTCが最低必要のようです。

楽天ウォレットのビットコインアドレスの確認方法

ちなみに、楽天ウォレットのビットコインアドレスは、ビットコイン残高を確認する画面の右上のアイコンをタップし、入庫画面を表示すると表示されます。

「アドレスをコピー」をタップすると自動的にコピーされるので、後はCheeeseの入力欄にペーストするのみです。

楽天ウォレットに着金するまでの時間

Cheeese上で送金完了すると、「5営業日以内に送金致します」と、なんとも言えないメッセージが表示されましたが、実際には3時間ぐらいでCheeese上での出金手続きが完了し、その後20分ぐらいで楽天ウォレットへの入金完了のお知らせが届きました。

まとめ

今回の送金では、「0.000005 BTC=5.39円(2020年2月22日現在のレート)」が掛かりました。送料の引き下げ効果がかなり大きいです。

着金の方はおよそ3時間半なので、感覚的にですが遅くはない印象です。

ちなみに楽天ウォレットへ入金されたのは、193.85円相当のビットコインとなりました。