楽天ウォレットでレバレッジ取引が開始予定なので先行申込してみた

シー蔵
レバレッジ取引は未経験です・・・

3/2(月)に楽天ウォレットで暗号資産の証拠金取引サービスの口座開設先行申込受付が開始されました。

3/25(水)までにエントリーし、口座開設を申込しておくと楽天ポイントが500ポイントもらえるようなので、申込しました。

楽天ウォレットの証拠金取引口座開設の先行申込方法

楽天ウォレットのアプリではなく、ホームページからキャンペーンのエントリーボタンを押します。

その後、ページが遷移して楽天ウォレットへログインします。

①「証拠金取引口座開設先行申込」をタップします。

②「各種交付書面」の内容を確認し、③「同意します」にチェック④「同意して次へ」をタップします。

「お客様情報の登録」を選択し、⑤「次へ」をタップすると完了です。

口座開設には審査があるようです。

シー蔵
証拠金取引に関しては未経験なので正直に選択しましたが、無事に開設できるのでしょうか。

(2020年3月20日追記)
3/19(木)に審査結果のメールが届きました。結果は、口座開設を見合わせ・・・。FXから出直します。

楽天ウォレットの証拠金取引サービスの概要

現物取引のアプリとは別に、証拠金取引用アプリが春頃にリリースされるようです。

現状の現物取引は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3銘柄のみですが、証拠金取引では2銘柄がプラスされ、リップルとライトコインも取引可能になるようです。

レバレッジ倍率ですが、5銘柄とも2倍となっています。

他の取引所が最大4倍となっているので、レバレッジ取引初心者向けとなっているのでしょうか。

建玉管理料ですが、毎営業日の取引終了時点で保有している建玉ごとに、建玉金額の0.04%相当額を証拠金から差し引きするようです。

まとめ

楽天ウォレットも徐々にですが、サービスが拡充してきています。

実際に証拠金取引をするかはわかりませんが、3/25(水)までに先行申込すると500ポイントの楽天ポイントがもらえるので登録だけしておいてもいいかもしれません。

個人的には取扱銘柄をもっと増やしてもらいたいです。