楽天ウォレットに口座開設

シー蔵
楽天も仮想通貨に参入するのか、口座開設してみよう

仮想通貨取引サービス「楽天ウォレット」が4月15日から口座開設の申込受付を開始していました。

2019年5月に入ってビットコインの価格が急上昇していたので、少し気になっていたのですが、投資に使っている楽天銀行と連携できるということですぐに口座を開設しました。

楽天ウォレットで取り扱う通貨

  • ビットコイン (Bitcoin:BTC)
  • イーサリアム (Ethereum:ETH)
  • ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash:BCH)

上記の3通貨となっています。他のサービスと比べて通貨数が少ないですが、これから増えていくのでしょうか・・・

口座開設に必要なもの

楽天ウォレットの口座開設には以下の2つが必要です。

  • 楽天会員ユーザID
  • 楽天銀行口座

口座開設の流れは、楽天会員ログイン、各種交付書面の承諾(内容を確認するのに時間が掛かります)、楽天ウォレットのお客様情報の登録の3ステップぐらいです。

最後に楽天銀行の口座振替サービスに申し込み、審査が完了すると口座開設完了です。

まとめ

私の場合は1日ぐらいで口座開設が完了しました。

取引はまだできませんが、スマートフォンアプリの提供も予定しているということなので、情報が更新されたらすぐに試してみたいと思います。