日本経済は景気後退入りか【ウェルスナビ実績 38週目】

シー蔵
人混みを避けて、週末は外出していません。

WealthNavi(ウェルスナビ) for ネオモバの38週目の実績を報告します。リスク許容度は「5」に設定してあります。

今週は米国債券(AGG)の分配金で7円の入金がありました。

ウェルスナビ 38週目の実績

日経平均は昨日まで続落していましたが、5営業日ぶりに反発して、前日比206円90銭高の2万3400円70銭で取引を終えています。

新型肺炎の感染拡大が企業業績に悪影響を及ぼす懸念は強いので、まだまだ安心できないですね。

日本政府の発表によれば、2019年10月~12月期の国内総生産(GDP)は前期比1.6%減のマイナス成長となりました。2020年1月~3月期も新型肺炎の影響から景気回復の可能性は薄く、景気後退入りは避けられないという見方が強いです。

米国株はそれほど下げていないので、ウェルスナビの方は先週とほぼ変わらず。

その他のニュースとしては、2月13日にウェルスナビの預かり資産が2300億円を突破したそうです。口座数も28万口座を突破したとのこと。まだまだ利用者が増えそうです。

まとめ

楽天証券で毎日つみたてしている投資信託との損益を比較すると、

ウェルスナビ:+9,876円(+10.97%)
投資信託(ほぼ米国株):+18,716円(+13.42%)

となっており、今週も投資信託の方が良い結果となっています。

ネオモバでは1銘柄のみ定期買付を設定中です。

LINE証券で株のタイムセールがまた実施されるようなので、そちらに一時的に資金を移そうかと考えています。

ウェルスナビと投資信託はこのままコツコツ積み立てていきます。