感染拡大で世界同時株安に【ウェルスナビ実績 40週目】

シー蔵
引き続き週末は自宅に閉じこもっています。

WealthNavi(ウェルスナビ) for ネオモバの40週目の実績を報告します。リスク許容度は「5」に設定してあります。

今週は毎月積立分の5,000円の入金がありました。長期的に考えると良いタイミングでした。

ウェルスナビ 40週目の実績

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大で、NYダウが1日の下げ幅として過去最大の1190ドルの急落をしたかと思えば、1日の上げ幅として過去最大の1293ドルの急反発をするなど、市場は不安定な状態となっています。

日経平均は下げ止まり、前日比17円33銭高の2万1100円06銭で取引を終えています。

連日、新型肺炎のニュースで一色となり、政府による一斉臨時休校の要請など、経済的な影響も日に日に大きくなってきています。「落ちてくるナイフはつかむな」という格言を守り、まだ先にはなりますが、底を打つのを確認してから投資を再開したいところです。

ウェルスナビの方は、久しぶりの元本割れまできました。先週の最適な資産配分の見直しで株の比率が上がっているので、ここからどうなるか静観モードです。

まとめ

楽天証券で毎日つみたてしている投資信託との損益を比較すると、

ウェルスナビ:+154円(+0.16%)
投資信託(ほぼ米国株):+3,938円(+2.73%)

となっており、今週も投資信託の方が良い結果となっていますが、どちらも一時的に元本割れまできていました。

ネオモバでは1銘柄のみ定期買付を設定中です。久しぶりに「ひとかぶIPO」で3月に2銘柄が取り扱われるようなので、ちょっと調べてみようと思います。

LINE証券で株のタイムセールが2/27(木)、3/4(水)と実施されましたが、どちらも参加できていません。Wチャンスキャンペーンも「LINE POINT 1,000ポイントが10人に1人の確率で当たる」に変わったみたいです。

ウェルスナビと投資信託はこのままコツコツ積み立てていきます。