歴史的な大暴落で大幅マイナス【ウェルスナビ実績 41週目】

シー蔵
サーキットブレーカーが発動、市場は大混乱・・・

WealthNavi(ウェルスナビ) for ネオモバの41週目の実績を報告します。リスク許容度は「5」に設定してあります。

今週は米国債券(AGG)の分配金で7円の入金がありました。

ウェルスナビ 41週目の実績

欧州や米国でも新型コロナウィルスの感染者が拡大し、原油価格が急落するなど、今週も市場は混乱状態です。

特に米国では歴史的な大暴落となり、初のサーキットブレーカーが発動となりました。米政府による減税景気刺激策への期待から反発はしていますが、2,013ドル安からの1,167ドル高なので下げ継続。

日経平均は、前日比451円06銭安の1万9416円06銭となり、2018年12月26日以来の低い水準まできています。

ウェルスナビの方は金(GLD)以外はすべてマイナスで、元本割れが拡大しています。大暴落のときこそチャンスなので追加で入金するかを検討中です。

まとめ

楽天証券で毎日つみたてしている投資信託との損益を比較すると、

ウェルスナビ:-7,379円(-7.77%)
投資信託(ほぼ米国株):-9,689円(-6.52%)

となっており、どちらも元本割れ拡大です。強いて言うなら投資信託の方が良い結果です。

ネオモバでは1銘柄のみ定期買付を設定中です。下落しつつも1株づつ買付されています。

ウェルスナビと投資信託はこのままコツコツ積み立てていきます。