【FP3級試験】試験勉強の進捗と1週間前の勉強法

シー蔵
あと1週間ですが、まだあやふやな箇所が・・・

理系サラリーマンですが、FP3級の資格取得を目指しています。

1月受検なので、お正月休みを利用して2冊目の問題集を解き終えることができました。

今は試験問題に慣れることを目的に、毎日「学科」と「実技」の過去問を解いているところです。

あと1週間の時間を有効活用した勉強法を考えてみます。

FP3級の過去の試験問題をダウンロード

過去の試験問題は、金財と日本FP協会のどちらでもダウンロードが可能です。

私は日本FP協会での受検を選択したので、そちらからダウンロードしました。

日本FP協会の試験は、「学科試験」が全60問で60点満点中36点以上で合格、「実技試験」は全20問で100点満点中60点以上で合格となっています。

過去問を解いた結果は、以下になります。

試験実施月 学科試験 実技試験
2017年5月 47点 / 60点 100点 / 100点
2017年9月 55点 / 60点 70点 / 100点
2018年1月 54点 / 60点 90点 / 100点
2018年5月 51点 / 60点 100点 / 100点
2018年9月 54点 / 60点 95点 / 100点
2019年1月 48点 / 60点 90点 / 100点
2019年5月 48点 / 60点 85点 / 100点
2019年9月 48点 / 60点 90点 / 100点

一応、合格基準はクリアしていますが、まだまだ気が抜けないです。

また、試験問題と模範解答はダウンロードできますが、解説がないのが難点ですね。

解説の代わりに「スッキリわかるFP技能士3級 テキスト+問題集」のテキスト部分を見返していますが、過去に出題された箇所がまとめられていることが改めてわかりました。

過去問を解いては、間違ったところをテキストで復習しています。

FP3級 予想問題を購入

追加の出費になりますが、「2020年1月試験をあてる TAC直前予想 FP技能士3級」を購入しました。

2019年9月の試験の解説もダウンロードできるので、おすすめです。

試験までの1週間で、この問題集を解き続けることにします。

直前つめこみノートもポイントが押さえられていたので、毎日一読するつもりです。薄いので持ち運びもいいです。

まとめ

一応、過去問では合格基準をクリアしています。

過去問も解き飽きたので、「2020年1月試験をあてる TAC直前予想 FP技能士3級」を購入して、最後の試験対策とします。

試験での緊張を考えると、記憶があやふやなところを予想問題でもう少し洗い出して、正解率を上げておきたいところです。

過去問では試験時間の半分以下の時間で解けているので、時間的な問題はないはずです。