サラリーマンがメルカリで簡単に稼ぐ方法

日頃働いているサラリーマンでも空き時間を利用して簡単に数万円のお小遣いを得る方法があります。それは、フリマアプリのメルカリを利用して不用品を売る方法です。

今回は、メルカリ初心者だったサラリーマンの私がどのようにお小遣いをゲットしたかをお伝えします。

メルカリ未経験の方は、まずはアプリをインストールするところから始めましょう。個人情報がばれるのが気になる方には匿名配送があるので、心配はありません。一歩踏み出すことが大事です。

まずは何を売るべきか

初心者には、家にある不用品を出品することをおすすめします。部屋も片付き、お金まで手に入って一石二鳥です。初期費用も掛からないので、もしメルカリデビューに失敗しても何もダメージがありません。匿名配送などの費用も商品代金から引かれるため、基本的には0円でも取引が可能です。ただし最低限の梱包材は容易した方がいいかもしれません。(評価の対象になります)

私が出品した中ですぐに取引が成立した商品は以下になります。参考にしてみてください。

おすすめ商品
・パソコン、周辺機器

・タブレット

・ゲーム機本体

・オーディオ機器

売れ筋の商品を確認

めぼしい商品が決まったら、いきなり出品するのではなく同じ商品を検索してみましょう。過去に取引が成立している商品があればグッドです。そこからメルカリでの相場を算出しておきます。値引き交渉をされたときのボーダーラインを考えておきましょう。

過去に取引が成立していないような商品は売れるまでに時間が掛かったので、なるべく実績のある商品から手を付けましょう。

私が目安にしていたのは、6000円以上で取引が成立しそうな商品です。商品代金から販売手数料で10%、匿名配送では195円~1600円が引かれるので、なるべく高い商品から出品する方がモチベーションUPにもつながります。

出品から発送、現金の受け取りまでの流れ

①出品する商品の情報を入力する

必要な情報は、商品の写真と商品名(40文字まで)、商品の説明(1000文字まで)です。あとはカテゴリと商品の状態をプルダウンから選び、配送について指定します。配送料は出品者負担、匿名配送だと売れやすいと思います。

写真は、商品の全体がわかるもの、キズがある場合はキズの程度がわかるもの、商品として付属するものがわかるものなどを撮ります。スマフォのカメラで十分です。

商品名と商品の説明はあまりこだわらなくても、売れるものは売れます。私の場合は簡潔に、キズがある場合はその旨を正直に記載しました。

最後に販売価格を入力して、出品ボタンを押すだけです。

②コメントに返信するなどして待つ

興味を持たれた方がコメントを送信されますので、丁寧に返信します。

稀にコメントなしで売れる場合もありますが、値引き交渉などをされる方が大半です。自分が納得できる金額で売りましょう。

③発送する

商品を購入されて支払いが完了すると、商品発送を促すメールが届きます。また購入者からコメントが来る場合がありますので、いつまでに発送するかを連絡します。

あとは空いた時間に商品を梱包し、コンビニに持っていくだけです。私の場合はファミリーマートを利用していました。FamiポートでQRコードを読み込ませるだけなので、簡単です。セブンイレブンの場合は直接レジに持っていき、レジでバーコードを読み込んでもらいます。

④商品到着、評価されるのを待つ

商品の到着後に購入者と出品者がお互いに評価を付けて取引が完了し、入金されます。場合によっては、購入者が商品の受け取り後も評価を付けないことがあります。私も経験しましたが、一定期間を経過すると事務局側で強制的に取引完了にしてもらえるので待ちましょう。

⑤銀行口座への振り込み申請をする

ある程度の売上金が貯まってきたら、振込申請をします。

月曜日の23時59分までに申請すると、その週の金曜日に振り込みが行われます。

まとめ、これまでの売上実績

私の場合は以下のような流れで、1週間に2~3商品を出品しました。購入から発送までの時間が短いと評価が高く売れやすいので、参考にしてください。

土曜日~日曜日:商品情報を入力し保存

月曜日~火曜日:売れ筋の商品を検索

水曜日:出品

木曜日~金曜日:コメント返信

土曜日~日曜日:発送、次の商品情報を入力

これまで紹介したメルカリ初心者の私の売上実績は、

19万2千円

でした。

お小遣いの約6ヶ月分を2~3ヶ月でゲットできたので、試してみる価値はあると思います。