国内株投資にポイント利用可能、楽天証券がはじめるので検討してみた

シー蔵
10/28(月)から楽天スーパーポイントを国内株投資に利用できるようです。

2019年10月28日(月)から楽天証券で楽天スーパーポイントを国内株式(現物取引)に利用できるようになります。

今回、投資初心者の視点でポイント投資を見直してみました。

楽天証券でポイントで株投資が可能に!

今回、楽天証券に新たに追加されるサービスは、ポイントコースを「楽天スーパーポイントコース」に設定すると国内株式(現物取引)の購入の一部または全額にポイントを利用することができるというものです。

ポイントの利用方法は、
・すべて使う
・毎日上限 XXポイント
・毎月上限 XXポイント
の3通りから選択できるようです。

注意点としては、厳密にはポイントだけでの購入ができないことです。

注文時から受渡日までの間、購入に掛かる費用分の現金と利用するポイントを二重で拘束し、受渡日に利用したポイント分に相当する現金を預り金に戻すようですので、購入に掛かる現金が口座にある必要があります

ネオモバとの比較

今年の4月からスタートしたTポイントを使って株が買える「SBIネオモバイル証券(ネオモバ)」では、Tポイントのみでの取引が可能です

楽天証券もネオモバも、国内株式、国内ETF、REITでの取引にポイント利用が可能ですが、国内株式の面では、ネオモバがS株での取引が可能に対して、楽天証券は単元株での取引のみです。

投資初心者が手軽に始められるという観点では、ネオモバの方がいいかなという気がします。(手数料も実質ほぼ掛からないので・・・)

まとめ:ポイント投資を見直してみた

ポイント投資を見直してみた、と言っても現状維持です。

私の場合は、
・楽天証券で楽天スーパーポイントを利用した投資信託への積立投資
・ネオモバでTポイントを利用した単元未満株での分散投資

で引き続きやっていこうと思います。

楽天スーパーポイントのポイントが余るようであれば、楽天証券で国内ETFを購入してもいいかなぁと思います。