取引コスト0円の間にLINE証券で株を売却した結果

シー蔵
スプレッドがないうちにLINE証券で株を売却してみました。

スマホのLINE上で簡単に少額投資ができる「LINE証券」で2019年10月1日から10月31日まで取引コスト0円のキャンペーンを開催中です。

以前に購入したイオン(8267)が買値より高くなっていたので、コロプラ(3688)に乗り換えるためにスプレッドがない状態で株を売却してみました。

LINE証券で株を売却した結果

9月24日にネオモバとの比較でLINE証券でイオン(8267)を購入していましたが、それ以降株価が下がっていて処分に困っていました。

お昼休憩中にLINE証券アプリを開いたら、株価が上がっていたのですぐに売却しました。

指値はできませんが、手軽に取引できるのはいいところです。

取引コスト0円のキャンペーン中のためスプレッドがないのはいいですが、税金がどうなっているか、売却画面からはわかりませんでした。

LINE証券での譲渡益税の確認方法

LINE証券での譲渡益税の確認方法は、右下の「…」をタップしてメニューを開き、「取引履歴」をタップすると今までの履歴が確認できます。

「全ての履歴」をタップすると、取引の種類ごとの表示も可能です。

この取引履歴で譲渡益税徴収の履歴を確認するか、「お知らせ」をタップしてブラウザ上で電子交付書面(譲渡益税徴収・還付のお知らせ)を確認することで、売却時の税金を確認することが可能です。

おまけ、コロプラ(3668)を購入

ドラクエウォークの応援も兼ねてコロプラ(3668)を購入しました。取引コスト0円のキャンペーン中に値上がりするのを期待。

まとめ

LINE証券で株を売却して徴収された譲渡益税を確認してみました。

アプリだけで手軽に取引できるのはLINE証券のいいところだと思います。

最近Coke ON PayにLINE Payを連携することを覚えたので、LINE証券はジュース代を稼ぐぐらいのつもりで気軽に使っていこうかと思っています。