投資初心者がLINE証券のメリット・デメリットを検討

シー蔵
LINEで株式取引ができるってスゴイことになりそう・・・

スマホで株式取引ができる「LINE証券」が8月20日にサービスを開始しました。

普段の生活に欠かせないアプリLINEでの投資サービスとなり注目されています。

今回は、投資初心者なりに「LINE証券」のメリット・デメリットを検討してみました。

LINE証券のサービス内容

LINE証券のサービス内容をまとめると以下のようになります。

LINE証券のサービス内容
・LINE証券が厳選した日本株100銘柄を1株から購入可能
・国内ETF(上場投資信託)の9銘柄を1口から購入可能
・平日21時までリアルタイムで取引可能
・Android版からスタート、iOSは準備中

なんと「LINE」から6タップで取引可能ということです。

私も普段からLINEを使用しているので、この利便性は大きいですね。

LINE証券のメリット

LINE証券のメリットは以下の3つです。

・1株単位で少額取引が簡単にできる
・夜間でも取引できる
・銀行口座振り込み以外にもLINE Payから入金できる

メリット1:1株単位で少額取引が簡単にできる

LINE証券で取引可能な日本株100銘柄をホームページで確認しましたが、CMでよく見るような有名企業ばかりになっています。

1株単位だと3,000円以下の少額で取引できるため、初心者が投資を体験するのにはいいと思います。

配当金を出している銘柄の場合は、株を持ち続けるかぎりは配当金ももらえます。

メリット2:夜間でも取引できる

一般的な証券会社の場合は15時までしかリアルタイムでは取引できませんが、LINE証券では平日21時まで即時注文・即時約定できます。

日中忙しいサラリーマンでも取引できそうです。21時までであれば、ちょっと残業したとしても大丈夫ですね。

これが可能なのは、証券取引所などの市場を介さずにLINE証券と直接取引を行う「OTC取引(相対取引)」となっているからみたいです。

メリット3:銀行口座振り込み以外にもLINE Payから入金できる

取引するには、LINE証券の口座に入金する必要があります。

一般的には銀行口座から証券会社に振り込みしますが、LINE証券はLINE Payからも入金が可能なようです。

LINE Payを普段から使用しているのであれば、余った残高で投資してみるのもアリですね。

LINE証券のデメリット

LINE証券のデメリットは以下の2つです。

・取引できる銘柄が少ない
・手数料がわかりにくい

デメリット1:取引できる銘柄が少ない

LINE証券が厳選した日本株100銘柄、国内ETFの9銘柄を取引できますが、一般的なネット証券会社で取引できる銘柄数と比較すると圧倒的に少ないです。

投資初心者にとっては選びやすいという点でいいかもしれませんが、有名企業しか取引できないというのは、投資経験者からするとデメリットしかないと思います。

デメリット2:手数料がわかりにくい

1回の取引で何円というのは規定されていません。無料なのかというとそうでもないみたいです。

LINE証券が銘柄ごとに市場価格などに応じたスプレッドを載せた取引価格を提示するとあります。

市場価格が1,000円の銘柄であれば、買う場合は1,010円、売る場合は990円のようになるイメージです。

実際のスプレッドがどれぐらいなのかわかりませんが、注意が必要です。

まとめ

メリット、デメリットから考えると、まだ投資をしたことがない未経験者向けのサービスになっています。

LINEを普段から使っていて、気軽に投資を体験したいという人にはピッタリなサービスでしょう。

私としては手数料が明確で、取扱い銘柄数も多い「SBIネオモバイル証券」の方がよさそうです。2019年9月28日(土)に「ネオモバアプリ」の提供開始が予定されているため、楽しみに待っています。

LINE上で簡単に少額投資、LINE証券で口座開設しました