ネオモバの活用方法を考えてみた

シー蔵
ネオモバの活用方法を考えてみよう・・・

ネオモバは50万円までなら何度取引しても月額サービス利用料は200円(税込216円)までです。毎月Tポイントで200ポイントが還元されるので、実質16円で利用できてしまいます。

今回はこのネオモバの活用方法を考えてみました。

単元未満株でも株主優待がもらえる企業に投資

株主優待は100株以上の株主向けというイメージがありましたが、じつは単元未満株でも株主優待がもらえる企業があるようです。

1株が3,000円以上すると、100株単位では株主優待のために30万円以上の資金が必要ですが、1株と考えると3,000円となるので、初心者的には投資しやすいです。

私は、上新電機(8173)を狙っています。権利確定月が9月で、1枚200円相当の買物優待券が25枚もらえるようです。(ただしお買い上げ金額 2,000円毎に1枚の使用)

高配当は低位株に投資

もう一つは、高配当な低位株を見つけて1株ずついろいろな銘柄を購入する、その際に配当金を受取口座を楽天銀行にする、という方法です。

この方法で、楽天銀行の株式配当金受取プログラムにエントリーすることで、株式配当金受取1件につき10円がもらえます。

100銘柄で1,000円、1,000銘柄で10,000円が配当金とは別にもらえるので、すごくお得と言えます。

デメリットとして、投資する銘柄数が増えるとそれに比例して郵便物が増えるため、家族に怪しまれると思います。

まとめ

単元未満株を購入できるネオモバの活用方法を考えてみました。

配当金受取プログラムの応用はデメリットが大きいような気がするので、単元未満株での株主優待を狙って銘柄の選定を進めたいと思います。